借地権とは

「借地権」とは、土地を所有する地主から、建物を所有する目的でその土地を借り受けて使う権利のことです。
これには、建物や木などを所有するために土地を借りてその土地やその地下・空間を使用する上で設定される物権としての「地上権」と、賃貸借の契約によって土地の借り受け人が目的のものを使って収益を得ようとする権利としての「賃借権」とがあります。借地権は、相続税、贈与税の課税の対象となります。

第二次世界大戦前の東京下町では、その9割が借地や借家住まいで、土地の自己所有にはこだわらず、「借地住まい」や「借家住まい」は、当時の都市部ではごく当たり前の生活スタイルでした。借地人は地主から土地を借り受けて自分の家を建て、土地や資金にゆとりがある場合は賃貸料の収益目的で借家を建てて賃貸するというケースが多くみられ、借地人と地主とは持ちつ持たれつの関係で、大らかな風潮の時代でした。

しかし、1941年に借地借家法が改正され、借地や借家の賃貸借における関係が変わっていき、第二次世界大戦後は借地借家がらみのトラブルが多発し、裁判沙汰にまで進むことも多々あり、借地人と地主との関係も悪化していきました。
借家に関しては、家族が増えたり経済的にゆとりが出てきたりすると、自然と転居するような、借り受け人の入れ替えがしやすい狭小の借家が多くありました。しかし、借地の方は、契約期間が過ぎても土地の返還が容易になされにくい法律が存在したため、土地の返還を求めるために立ち退き料を払って返してもらうというような状態であり、自ずと借地の新規提供はなくなっていきました。

▽特集
借地権の売買に関する無料相談を受けているサイトです > 借地権 売買